日本人とアメリカ人の違い | 薄毛・抜け毛の対策

HOME -- 日本人とアメリカ人の違い

■日本人とアメリカ人の違い

ここでちょっと、日本人とアメリカ人との違いについてお話ししたいと思います。
日本人とアメリカ人では薄毛・抜け毛に対する考え方が違うのをご存知でしたか?
これが面白いんです。非常に興味深いのが、日本人は手っ取り早く育毛剤などで即効性を期待するのに対し、アメリカ人は、健康管理に気を遣い食事や睡眠など生活習慣の改善を心がけている点です。
薄毛・抜け毛の悩みは、人にどのように見られるかと、自分が鏡を見たときの自信という2つの面がありますよね。
人にどのように見られるかも、日米で捉え方が違います。
アメリカ人は、薄毛や抜け毛を「老けて見える」ととらえ、日本人は「カッコよくない」と考えているようです。
薄毛・抜け毛を気にする年齢も大きな違いがあり、日本人は40歳代前半で、アメリカ人は20歳代後半という結果が出ています。
なんだかこの違いが、薄毛・抜け毛に対してどのような対策をとるかに表れているように思いますよね。
日本人の場合は、40歳を超えて体力、精力が落ちてきて、その象徴的に頭が薄くなってきて、慌てて育毛剤や育毛シャンプー、トリートメントによる頭皮ケアに手を出している姿が見えてきます。
若いときから対策をとる人ほど、健康に気を遣う姿も見えてきますね。
薄毛や抜け毛の対策をしてもすぐには解決しません。
そこは効果が表れるまでなんらかの代替手段を使わなければならないのですが、髪型を工夫する点は、日米共通ですね。
その他の対策については、日本人は、帽子をかぶって隠すくらいのことしかやってないようです。
アメリカ人は、服装を変えたり、スキンヘッドにしたり、ヒゲをはやしたり、自分の個性のひとつとして、薄毛、抜け毛をも生かすファッションを心がけているようです。

日本人とアメリカ人の違い


HOME | 薄毛の種類 | 薄毛の原因 | 抜け毛の種類 | 抜け毛の原因 | 薄毛・抜け毛対策 | 日本人とアメリカ人の違い | サイトマップ