薄毛の原因 | 薄毛・抜け毛の対策

HOME -- 薄毛の原因

■薄毛の原因

薄毛の原因

薄毛対策の前に、まずはその薄毛の原因を知ることからはじめましょう。
薄毛の原因としてまず第1にあげられるのは、遺伝的要因です。
親が薄毛だと将来的には子供も薄毛になると心配することも多いですよね。
しかし実は遺伝的要素は関係はしますが、薄毛そのものが遺伝するというよりは、「薄毛になりやすい体質を受け継いでいる」といったほうがいいでしょう。
それには男性ホルモン(テストステロン)が大きく関係しています。
薄毛の原因となる男性ホルモンとは、テストステロンです。
これは、男性の場合、主に睾丸から分泌されるもので、20歳代の男性に多く、歳とともに減っていきます。
このテストステロンが多すぎると脱毛が起こります。また、髪の毛を生成する毛包組織がテストステロンに過敏すぎる場合は、男性ホルモンが多すぎなくても脱毛が起こるのです。
薄毛対策のためには、テストステロンを中心とした様々な原因物質を抑えることが大切だといえるでしょう。

愛知県のAGAクリニック http://nagoya-aga.com/

これらを抑制するためにはフィナステロイドや、ノコギリヤシ、アゼライク酸などの成分が有効とされています。また現在ではいろいろな薬に配合されています。
そして次にあげられるのは、精神的な要因です。
ストレスは、すべての健康にとって敵である、といっても過言ではありません。
したがって、ストレスが頭髪に及ぼす影響も少なくないといえるでしょう。
一説では、ストレスなどで緊張すると筋肉が収縮して血管が細くなり毛根部に栄養分が十分運ばれなくなり、毛髪が育たなくなるといわれています。
ストレスには、自分で意識しているストレスと、自分では意識していない潜在意識下のストレスの、2種類のストレスがあるとされています。
ストレスにより、病気などに対する抵抗力・免疫力の低下、成人病、食物からの栄養をきちんと摂り込めなくなるなどの弊害もでてきます。
このような弊害の相乗効果で脱毛が促進されてしまうので、注意しておきたいですね。
なので薄毛対策のためには、まずはストレスを貯めないようにすることが大切でしょう。
考え込み過ぎないプラス思考が大切です。また気晴らしやリラックスする方法を自分なりに身につけておくことが大事なのではないでしょうか。



HOME | 薄毛の種類 | 薄毛の原因 | 抜け毛の種類 | 抜け毛の原因 | 薄毛・抜け毛対策 | 日本人とアメリカ人の違い | サイトマップ